デザインでオリジナルTシャツに差をつけよう

オリジナルTシャツは、自分の好きな色や柄を、選んだり作って自由自在にTシャツを作ることができるため、いろいろな場面で使われています。オリジナルTシャツには、Tシャツのプリントを専門のお店に依頼して作ってもらう方法があります。そのような専門のお店は様々でどのお店に頼めばいいのかわからないほどたくさんあります。また、身近なものを使って全て自作できる方法もあります。学校行事やイベントなどグループでオリジナルTシャツを作りたい場合は、お店に依頼するのがいいでしょう。たった一枚自分だけのために作りたいのであればお店に依頼しても一枚だけ作ってもらえるところもありますが、自作して同じものが作れないTシャツを作ってもいいと思います。自分の目的に合ったオリジナルTシャツが作れます。

お店に依頼してオリジナルTシャツを作る場合は

Tシャツに印刷してほしい文字やデザインを、お店に修正してもらい、印刷してもらえます。自分で書いたデザインも修正して作ってもらえるので、売っているTシャツのように仕上がりますし、出来上がったオリジナルTシャツは何枚でも同じデザインを印刷してもらえるのでとても便利です。お店で注文する場合、支払いが発生します。ですから、まず見積もりを依頼することもとても重要です。注文方法として、電話、メール、FAXなどがあります。仕上がりを急いでいる方や、メールを打つことが苦手な方は電話注文のほうがスムーズです。見積もりを確認し、これで大丈夫であればお店にお願いしたいデザインを依頼します。お店側が作った仕上がりのイメージを確認し、これで大丈夫であればTシャツに印刷してもらいます。仕上がりは、早ければ数日で作ってもらえます。

お家で簡単にオリジナルTシャツを作る場合は

自宅でオリジナルTシャツを作る時に、アイロンプリントという方法があります。アイロンプリントシートという紙に、パソコンでデザインしたものを印刷してアイロンでTシャツに転写します。アイロンプリントシートは、アイロンの熱でTシャツにくっつき、アイロンプリントシートに印刷されたデザインが、Tシャツに写る仕組みです。アイロンプリントの他に、シルクスクリーンプリントという方法もあります。こちらは、業者が行っているような方法ですが、専用のキッドが売っているので、そちらを使って作ることができます。デザインを張り付ける位置などで雰囲気も変わりますし、アップリケなどを縫い付けてもオシャレでかわいいですね。このような方法で、自宅で簡単に、自分だけのたった一枚のオリジナルTシャツを作ることができます。