作ってよかったと思うオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作るメリットはいろいろあると思います。例えば、ダンスチームであれば、チームの一体感を出すことができます。またダンス全体の演出に統一感が出ます。学校のクラスTシャツであれば、クラスの団結力を高めることが出来ますし、何より、良い思い出になります。そんなオリジナルTシャツの作り方を紹介します。まず、一番大事なのはどんなデザインにするかです。世界に一つだけのTシャツにするなら、自分たちでデザインし、自分たち限定のオリジナルTシャツにしていきたいです。そんなデザイン原稿を作成する際にパソコンのデザインソフトを使えれば、難しいことはないと思います。デザイン原稿を作成し、Tシャツ作成業者に送るだけです。デザインソフトが使えない場合は手書きでデザインしましょう。Tシャツ作成業者によっては、手書きのデザインからデザイナーが修正し、Tシャツにしてくれます。

オリジナルTシャツを作成する際のコツ

オリジナルTシャツを作成する際にはまずデザインを決めましょう。デザインを表だけにプリントするのか、背中面だけなのか、プリントする箇所や大きさで値段も変わってきます。デザインも完全にオリジナルでは無くても、テンプレートから文字だけを変えるなんてことも可能です。デザインが決まったら、Tシャツの素材選びです。綿素材のTシャツにするのか、ドライTシャツにするのかでも着心地も変わってきます。使用用途に合ったものを選ぶと良いです。シャップによっては、何度も着られるような耐久性のある素材を取り扱っているところもあります。ドライTシャツでも厚手の物もあり、しっかりとした着用感で、耐久性も問題ないです。Tシャツのサイズも必要なサイズが選択できるかも重要です。素材、色、サイズで選んでいきます。大勢で使用する場合はあらかじめ、サイズを聞いておくことが大事です。

オリジナルTシャツを作成する際のコツ

オリジナルTシャツを作成する時にデザイン、素材が決まったら、次に、プリント方法を決めていきます。通常はシルクスクリーン印刷でデザインにあわせた型を作り、インクを擦り付け、Tシャツに転写していく印刷方法です。他と差をつけたいのなら、ラメ入り塗料で印刷する方法でキラキラ輝く物や、プリントの色をグラデーションに変化させる方法やヴィンテージ風に見せる印刷方法もあるショップもあります。ユニホームの背番号のように名前と番号を変えて印刷することも出来たり、刺繍で名前を入れたりも出来ます。体育祭やクラスマッチで自分たちだけのオリジナルTシャツで臨めば、普段とは違う、特別感や一体感を演出出来ます。大人数での集合写真を撮れば、SNS映えすることも間違いないので、オリジナルTシャツを作り、最高の思い出を作っていきましょう。